本日は皇太子殿下 雅子妃殿下御成婚廿周年

本日は、皇太子殿下、雅子妃殿下の御成婚廿周年である。マスコミは本日の佳き日を報道しない。なんて云ふ馬鹿な報道各局だらうか。しかしながら本日は吾人日本國民にとつては大變おめでたい日である。

皇太子同妃両殿下ご成婚20年に際しての両殿下のご感想

月日のたつのは早いもので,結婚してから20年たつのかと思うと,とても感慨深いものがあります。20年前の6月9日,結婚の儀を始めとする諸儀式や午後のパレードを,多くの方に祝福していただく中で無事に執り行うことができましたことを,深い感謝の内に懐かしく思い出します。

皇太子殿下のお言葉
この20年間を振り返れば,オリンピックやパラリンピックでの日本選手の活躍や日本人のノーベル賞受賞,ボランティア活動の拡大など,明るくうれしい出来事もいろいろとありましたが,同時に,我が国は,度々大きな自然災害に見舞われたほか,少子高齢化を始めとする幾多の社会的な変化を経験してきました。こうした中で,私たち二人は,阪神・淡路大震災や東日本大震災を始めとする様々な試練の中から,人々が共に支え合うことの大切さを深く感じるとともに,困難な状況に置かれている方々の悲しみや苦しみを思い,そのような方々の生活が少しでも良くなるようにと願ってまいりました。東日本大震災で被災された多くの方々が,今なお厳しい暮らしを続けておられます。一日も早く復興が進むことを心より願うとともに,東日本大震災を始めとする様々な災害による被災地の復興に永く心を寄せていきたいと思っております。

我が国は,東日本大震災の経験を通じ,国民が心を一つにすることの大切さを学びました。日本社会は,将来に向けて,子どもや高齢者を取り巻く環境,エネルギー・環境問題など多くの課題を抱えていますが,今後,女性,若者,高齢者,障害者の方々を含め,全ての人々が社会に積極的に参加できる仕組みを作り,国民全体が世代を超えて協力することによって,社会が直面する様々な課題を克服し,活力のある社会を構築していくことが期待されます。このような我が国の将来に向けての課題を念頭におきつつ,私たちは,今後とも国民の幸せを願い,夫婦で協力しながら務めを果たしていくことができればと願っております。

この20年間,私たちは夫婦として多くのことを一緒に経験し,互いに助け合ってまいりました。10年前に申し上げた通り,愛子が生まれてからは,愛情をもって子どもを育て,安らぎのある,温かく明るい家庭を築くことを心がけ,三人で日々を過ごしております。愛子は,今年の4月から早くも6年生になり,学校生活を楽しく送っていることをうれしく思いますし,これからも健やかに育っていってほしいと願っています。

雅子につきましては,療養が長くなり,ご心配をいただいていることと思いますが,お陰様で,以前と比べ大分元気になったように思います。この9年余りの間,雅子にとっては,体調が思うに任せず,困難な道のりでもありましたが,お医者様の治療を受けながら努力を重ね,少しずつではあっても,公私にわたってできる限りのことをしてまいりました。これからも,お医者様からご助言いただいているように,体調を調えながら,できることから少しずつ時間をかけて活動を広げていき,快復に向けての努力を続けていきたいと考えています。今後とも,長い目で温かく見守っていただければありがたく思います。

天皇皇后両陛下には,日頃より私たち三人を温かくお見守り,またお導きいただいておりますことに心より感謝申し上げております。また,多くの方にお助けいただいて,こうして結婚20年を迎えることができますことを大変ありがたく幸せに思います。国民の皆様より私たちに寄せていただいている温かいお気持ちに対して,この機会に改めて心からの感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。(宮内庁家頁より抜粋 原文のマヽ)

徳富蘇峰翁曰く「國民は皇室に依つて繋がるものであつて、いはば相持ちではあるが更に一歩を進んで考へて見れば、日本の如き、地理的、歴史的、人種的又凡有る地政學的の立場に在る國家として、皇室なければ到底此の長き歴史を、何等の斷層なく生々發展せしめ來ることは、できなかつたであらうと信ぜられるる」(蘇峯 徳富豬一郎 著 國史より觀たる皇室 神國思想より拔粹)

b0241807_2120112.jpg


b0241807_21203193.jpg


皇太子殿下や雅子妃殿下は今上陛下 皇后陛下の御氣持ちを確實に御繼になられてゐる。かの東日本大震災での御振舞や海外の要人への御挨拶等々其の發言や行動をみれば一目瞭然なのだ。
昨今マスゴミは雅子妃殿下の御病氣の御樣子をいい加減な記事で面白をかしく記事にしてゐる。どこぞの宗教團體も降靈なるものをして馬鹿な見解を流布してゐる。なんと愚かな行爲か・・・
吾人臣民は御平癒を只々お祈り申し上げることのみである。
[PR]
by gokokutekkentai | 2013-06-09 21:33
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
天長節奉祝日乃丸大行進の御案内
at 2014-12-05 21:55
明治節參加
at 2014-11-09 09:57
眞實の歴史
at 2014-11-09 09:46
本日は地久節
at 2014-10-20 19:59
靖國神社秋季例大祭參加
at 2014-10-20 19:33
画像一覧
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン