<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
大谷吉繼と石田三成との友情
ここ數年。戰國時代の武將が人氣である。織田信長、伊達正宗、眞田幸村等々その追つかけを歴女と呼ぶらしい。關箇原に參戰した武將の中で、大谷吉繼の人氣は今も昔も一番であるらしい。東西十五萬の將兵が對峙した天下分け目の「關箇原の戰ひ」を、別の角度から見ればその多くが「保身」と「利害」とを天秤にかけた美醜の戰ひとも云へる。どつちの陣營につけば損か得か。當然そこには日和見や裏切りが横行する。その中で、吉繼は勝算を度外視し、覺悟の上で石田三成との友誼を選び「義」の爲に西軍についた。三成とは「平馬(吉繼)」「佐吉(三成)」と呼び合つた竹馬の友である。そこで有名な出來事がある。關箇原合戰から遡ること數年。茶席にある吉繼の病いは進行してゐたが、まだ視力は殘されてゐた、茶碗が吉繼の前に運ばれ、手に取らうと前屈みになつたとき、顏面の病魔の一滴が茶の中に入つてしまつた。茶碗が次席の三成へと囘される。三成は平然とこれを口に運び飮み干したと云ふ。この行動は誰にでも眞似は出來まい。
時代は違へど昨年生起した「東日本大震災」からの眞の復興とは、大和民族が今一度團結して、復興を成し遂げ世界に雄飛せねばなるまい。それには尤も大切なるは、民族的責任觀念と民族的一致と、民族的努力とである。
[PR]
by gokokutekkentai | 2012-03-31 23:58
三條の會發足
土曜日は皇居に赴き第一囘目の三條の會を開催した。
三條の會とは高山彦九郎翁に習ひ、皇居參拜竝びに遙拜を行ふ會である。あいにくの天氣だつたが皇居に着いたときには不思議なことに雨もあがつてゐた。吾人の思ひが天に通じたのであらう。
↓↓↓
b0241807_21534814.jpg

↓↓↓
b0241807_21543512.jpg

↓↓↓
b0241807_21551036.jpg


最初はぎこちなかつたが、囘數を重ねていけば上達するであらう。參拜、遙拜をした後は氣持ちが清々しい氣持ちになつた。
[PR]
by gokokutekkentai | 2012-03-26 22:00
氣分一新
今日は以前からパソコンの調子が惡いために買ひ替へようと思ひ秋葉原に行つてきた。最新のノートタイプのパソコンを贖入。必殺十囘拂ひだ。痛い出費だがこれも「文章報國」「發信報國」の爲だ。

その後明治神宮にて參拜。

b0241807_2130256.jpg


b0241807_21305070.jpg


b0241807_21312286.jpg


徳富蘇峰翁曰く「明治神宮が、庶民子来の聖所となりたる所以は、決して偶然ではない。君の心は民の心であり、民の心は君の心である。此の君民の心の合体が、我が明治天皇に於て、千秋不靡の活ける典型を発見した。」
またこうも曰く「明治天皇は、我が新日本の一大恩人にて在す」と「昭和一新論」より抜粋

吾人は明治天皇の振古未曾有の皇運を、全日本、全世界に知らしめようではない歟
[PR]
by gokokutekkentai | 2012-03-18 21:55
覺悟
先日、洗心會 國信會長の日乘を拜見してゐたが何か違和感を感じてゐた。その數日後に一報を耳にした。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201203/2012031200898 (時事通信)

右翼民族派の日乗 洗心会 國士の「神武不殺」
↓↓↓
http://sensinn.exblog.jp/

我が道友である國信兄とは運動のときや電話で話をし愚生も懇意にして戴いてゐる。國信兄の行爲に對し「言論の自由の暴舉だ」「自分を傷つけて」などと發言する輩がゐるが、そいつ達に問ひたい「あなたは何ができるのか」と・・・
まさに國信兄の行爲は言ふは易し行ふは難しである。


b0241807_9213100.jpg


『斬奸状』

 中井洽よ 貴樣は
天皇・皇后兩陛下 皇族に對し奉る、不忠・不敬を犯した奸賊である
天皇に對し奉り 謹みて御詫びすることも無く 先般の訪中による二重外交 そして 皇室の傳統文化を守る議員連盟の會長就任劇といふ一連の奸計は 一昨年の不敬發言 國家公安委員長時代の破廉恥行爲を帳消にする爲の 私利私欲にまみれた選擧對策であることは 明らかである
行幸啓の警衞警備に携はる現場の警察官が 無私の精神で 警衞の任務にあたつてゐる事を忘れるな 貴樣は 國家公安委員長といふ 行幸啓警備の最高責任者であつた身ぞ
 貴樣は 私利私欲 選擧對策の爲に 畏れ多くも
皇室を政爭の具とし奉つた 大罪人である貴樣に 小生の小指と包丁一本を贈呈する
 この包丁で 身削ぎせよ それによつて 罪 穢れを祓へ
 貴樣は 天地の怒りに觸れた 身削ぎを濟まさなければ 必ずや 天誅が降るものと覺悟せよ

皇紀貳仟六佰七拾貳年彌生乃月

   日本國家救濟會議
      洗心會 會長 國信 隆士
               手形血判
[PR]
by gokokutekkentai | 2012-03-17 09:09
不老不死の日本帝國
三月十一日は東日本大震災から早一年が經過した。その日は、義信塾恆例の横濱演説會の日でありたくさんの辯士達がこの一年を振り返り熱辯を展開した 。愚生も參加させていただき駄辯を披露させていただいた 。初めに君が代を齊唱し、天皇陛下の一日も早い御平癒を願ひ、日の丸を通し皇居遙拜最敬禮をおこなひ、二時四十六分には亡くなられた御靈に對して默祷を捧げ被災地の復興を願ひ、心を新たに決意した次第である。

徳富蘇峰翁曰く「我が帝國の生々不息、生々繁昌の國運を豫言したるものだ。而して三千年の歴史は、時に隆替あるも、それは只だ或る期間の出來事にして、之を總括的に觀察すれば、一日千人死すれば、一日千五百人生るゝの原則は、依然として實行せられつゝある。日本は終古不死であるばかりでなく、終古不死であるばかりでなく、終古不老である。即ち不老不死の國とは、日本帝國の事だ 」國民小訓より拔粹

今だ復興の途中、いやまだ始まつたばかりである。しかし被災地の子供達は確實に何かに目覺めてきてゐる。吾人は今孵化しようとしてゐる子供達に眞の日本へと導かなければならない。それには自己研さんに勵み、確固たる皇國史觀を身につけなければなるまい。三月十一日以降我が陣營も變はらなければいけない時が來たのではないか。

みんなで徹夜した造つた幟
↓↓↓
b0241807_0423357.jpg

挨拶をする主催者の市村代行
↓↓↓
b0241807_0411846.jpg

本日が初演説の国風塾 猪股辯士
↓↓↓
b0241807_0431888.jpg

國憂館 猪股辯士
↓↓↓
b0241807_0452393.jpg

望楠社 小田辯士
↓↓↓
b0241807_0455970.jpg

防共新聞社 埼玉県支局 磯辯士
↓↓↓
b0241807_0471518.jpg

愛倭塾 山口辯士
↓↓↓
b0241807_0475443.jpg

同血社 河原辯士
↓↓↓
b0241807_04853100.jpg

横濱西口で演奏する横濱消防局の音樂隊の皆さん
↓↓↓
b0241807_0493216.jpg

[PR]
by gokokutekkentai | 2012-03-12 01:09
陸軍記念日
三月十日は陸軍記念日である。ロシヤの侵掠から我が國を守るために戰つた「祖國防衞戰」であつた日露戰爭の陸上戰の天王山とも云へる「奉天會戰」が行はれ、勝利ををさめた日である。戰前までは陸軍記念日としてお祝ひしてゐた。この勝利は有色人種が白色人種に勝利することによつて獨立への夢を驅り立てたことである。
徳富蘇峰翁は陸軍記念日にあたつてかう記述してゐる「人間は必らずしも敵愾の精神のみにて、生活す可きではない。されど人生は戰鬪だ。戰鬪を經て平和に入り、勞苦を經て安樂に入る。吾人は平和を以て、寧ろ來世の事と信じてゐる」奉公小訓 陸軍記念日より拔粹

何事も戰鬪なのだ。人生も戰鬪、仕事も戰鬪、そして復興も戰鬪である。その戰鬪こそが人間の元氣であり、元氣の泉源である。


國民儀禮
↓↓↓
b0241807_004220.jpg


八坂神社參拜
↓↓↓
b0241807_03583.jpg

[PR]
by gokokutekkentai | 2012-03-12 00:07
素敵な貰い物
河原大兄から貴重な本を戴いた。この本は徳富蘇峰翁著の「昭和一新論」である。徳富蘇峰翁は戰前、戰中、戰後と一貫して皇室中心主義を説いてゐた有力な論客のひとりである。翁著の本は分かり易く頭の固くなつた愚生でもすんなり入つてくる。今愚生は徳富蘇峰翁の本を贖入してゐる。翁の本を讀めば讀むほど眠つてゐた皇國史觀が沸々と湧き上がつてくるのだ。戰後GHQは皇國史觀の本を悉く燒却したと云ふ。それは先達の魂のこもつた書物を讀めば、今一度日本人が立ち上がることを恐れたに違ひない。そのくらゐ日本人の魂に觸れる書物なのだ。
愚生は市村大兄や河原大兄をはじめ先輩、同志に恵まれてゐる。只々感謝の一言に盡きる。

↓↓↓
b0241807_21523944.jpg

[PR]
by gokokutekkentai | 2012-03-01 22:10
  
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
天長節奉祝日乃丸大行進の御案内
at 2014-12-05 21:55
明治節參加
at 2014-11-09 09:57
眞實の歴史
at 2014-11-09 09:46
本日は地久節
at 2014-10-20 19:59
靖國神社秋季例大祭參加
at 2014-10-20 19:33
画像一覧
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン