<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
グラビアアイドルじやねーよ
四月二十九日は先帝陛下の御誕生日であり、現在では昭和節である。當隊が所屬する神奈川縣維新協議會では毎年武藏野陵(むさしののみささぎ)昭和天皇御陵に參拜してゐる。本年も當協議會一同で參拜した。
↓↓↓
b0241807_0373795.jpg


その後三條の會として神奈川縣維新協議會有志一同で皇居遙拜を行ふために皇居二重橋に向かつた。休日と云ふことで皇居には四十から五十人はゐただらうか。おそらくシナ人、朝鮮人、白人、そして日本人とゐただらうか。今では皇居は觀光場所となつてゐる。そんな中吾人の似つかはない格好に既に當局は警戒の眼差しを送り近寄つてきた。それにともなひ吾人に好奇な目を向ける觀光客・・・ それにも吾人の尊皇崇國の氣持ちはちつとも搖るがないのである。寧ろ(本當の日本人の氣概を見せるのだ)と吾人一同氣合ひに滿ち溢れてゐた。
二重橋を前に僭越ながら愚生が先導を務めた 祝詞を奏上したとたんに二重橋にゐた人達が一齊に近寄つてきて冩眞を撮りまくつてゐた。(グラビアアイドルじやねーよ)と思ひながら祝詞奏上を終へ、次に念誦を奉唱したとたんまたゝゝ寄つてくる見物人達、念誦を終へ、下坐し、高山彦九郎先生の和歌を奉唱し遙拜した瞬間「ジヤリヾヽヽ」とあからさまに見物人が近寄つてくる玉砂利の音である。こゝまでくると見物人も堂々と冩眞を撮つてくる。    その後吾人が立ち上がる瞬間には蜘蛛の子を散らすやうにゐなくなる見物人。吾人は何事もなかつたやうに二重橋をあとにした。しかし明治天皇がご病氣になられたときは國民が二重橋に集まり下坐して御平癒を祈願したのだ。吾人は一臣民として當然の行ひをしただけである。
↓↓↓
b0241807_1215293.jpg

[PR]
by gokokutekkentai | 2012-04-30 01:27
東亜日報の記事
韓国の有力紙、東亜日報が4月9日に掲載した権宰賢(クォン・ジェヒョン)文化部次長の署名入り社説がネットで議論を呼んでいる。社説は要旨、「韓国が日本を蔑むのは劣等感の裏返し」であり、「日本は太古の時代より韓国より優れた国であった」とも解釈できる内容であるためだ。

同社説の中で権次長は、豊臣秀吉による壬辰倭乱で韓国全土が蹂躙された原因を、「日本を小さな島国と見くびっていた」事にあると分析している。また、当時の日本には50万丁もの火縄銃があり、これは全欧州の火器の数をも凌駕する、世界最大の軍事大国であった日本を根拠なく劣った存在であると思い込んでいたのは誤りであり、それこそが災いの原因であったのではないかとのユニークな説も披露している

中でも、ネット世論を一番刺激しているのが以下の文脈だ。権次長は、日本の首都が江戸(現在の東京)に遷都されて以降、18世紀には東京は100万都市となり、世界最大の都市となったことから「そば」や「すし」等の食文化が生まれたという見方を提言し、「韓国が傷ついた自尊心を慰めることもいいが、実情以下に日本を蔑むことも慎む時がきた」との独自の持論を断言的に発表し韓国文化を侮蔑していることからネットユーザーの間では議論が紛糾。  (ネツトからの引用)
とのネツト記事を目にした。愚生はこのやうな記事を韓國國内で發表したことに注目したい。このやうな記事を書けば間違ひなく批判を受けるだらうに・・・ 案の定韓國國内では「東亞日報の不買運動」が起きてゐるらしい。この記事を書いた記者のやうに一人でも多くの韓國國民が覺醒する日は近い。吾人日本國民はその時のために更に日本國を知らなければならない。詳に言へば日本の國體を知ることである。日本の國體の世界に卓越したる所以を知らなければならない。
[PR]
by gokokutekkentai | 2012-04-16 22:51
突然街宣
本日は北朝鮮ミサイル發射豫定に伴ひ、神奈川朝鮮總聯に抗議、抗議文を提出してきた。北朝鮮の一年の半分の國費がこのミサイル開發、核開發で使はれたらしい。それならば、自國の民のために使ふべきだらう。
また維新協が繼續してゐる朝鮮學校への神奈川縣による補助金支給に對して神奈川縣廳に抗議してきた。

九段塾管理人 備中處士さま曰く「戰前の日本人は豪偉壯大でした。彼の韓國人を同胞として扱ひ、教育したのですから。戰前の偉大崇高なる精神を想ひます。將に當爲としての「亞細亞は一なり矣」ですね。日本も韓國も、戰後の教育は、慘憺たる爲體らく、教育教學の復古を懇祷するや、切なるものがあります。「朝鮮人、出て行け」では無く、「猛省せよ」でせう。デモする人も、「脚下を顧みよ」では無いですか」と

愚生も同じく思ふものである。間違つた「排外主義」を用ゐても仕方がない。まさしく朝鮮人には「出ていけ」ではなく「猛省せよ」と言ふべきである。

↓↓↓
b0241807_218826.jpg


立派な建物の神奈川朝鮮總聯
↓↓↓
b0241807_2195481.jpg


相變はらず縣廳を警備する警察當局
↓↓↓
b0241807_2112040.jpg

[PR]
by gokokutekkentai | 2012-04-11 21:13
「人の祖先は神」である
本日は義信塾の横濱演説會に參加した。春の陽氣が心地よいいい天候に恵まれた。愚生も駄辯をふるはせていただいた。

國憂館 猪股弁士
↓↓↓
b0241807_013559.jpg


国風塾 猪股弁士
↓↓↓
b0241807_0141316.jpg


愛倭塾 山口弁士
↓↓↓
b0241807_0143355.jpg


同血社 河原弁士
↓↓↓
b0241807_0145573.jpg



愚生は「暴排法」の危險性を語らせていただいた。都道府縣が制定した條例が日本國憲法を侵害し、暴力團を對象とせず、その家族や友達など周邊者が罰則の規定になつてゐること、この條例が擴大解釋されればお上に逆らふ者には適用される危險性を持つてゐることなどの危險性を訴へた。この問題は歴史的背景も考へなければなるまい。江戸時代には、歌舞伎者と云はれる「藝人」がをり、この「藝人」たちは差別されてゐた。この「藝人」達の「藝」をみせ、興行主として生業を立ててゐた歴史もあつた。だからこそ暴力團とひとくくりにせずきちんと歴史的背景などを加味してきちんと議論していかなければならないであらう。
二囘目の登壇では「人の祖先は神である」を題材に自論を披見させていただいた。
日本人は傳統的價値觀で自然を神とし畏れ敬つてきた經緯がある。人の先祖は大自然だと聞くと、非科學的と思はれるであらう。何事も科學的には解明できないこともある。例へば「自分はなぜに生まれたのだらうか」の問ひに答へるのならば當然兩親との性交によつてであるが「なぜ精子は卵子を目指すのか」「なぜ受精によつて細胞分裂を起こすのか」もつと突き詰めれば「人はなぜに人を愛するのか」「なぜ生命が存在するのか」など哲學に近く、とても遺傳子レベルや科學的には解明できない問題で、神の領域の問題であらう。
人の先祖をたどれば大自然に行き着くことは科學的な論考であるだらう。
では人が誕生する前はどうであらう。これには二つの考へがあり、ダーウィンの進化論を否定するか肯定するかに分かれる。進化論自體が人の起源を説明する一つの學説に過ぎず、これ自體學會では否定の意見が多數である。それでは進化論を肯定する場合、人の先祖は猿人であるとされてゐる。遡れば生命の源は地球の海中に初めて生命が誕生したときまで遡ることになる。進化論を肯定する立場に立てば、人の先祖は、時代を遡るほど大自然に擴散するのだから大自然は神であるのだからこの價値觀からすれば「人の祖先は神である」とされる。
また進化論を否定するならば、人は猿人や別の動物から進化したものではなく、最初から人だつたと考へることになる。この場合、人の起源はいまだ不明、有力説すら存在しない。そこで「日本書紀」「古事記」が記す、日の神の御子が高天原から地上に降り立つたとされる「天孫降臨」が事實であらう。「天孫降臨」が事實ならますゝゝ人の祖先は神であると云ふことになる。
日本人がお彼岸やお盆にはお墓參りをすることは先祖を拜む延長線上に、さらなる先祖にあたる神たる大自然を畏れ敬つてきたのであつてこのやうな傳統的價値觀を持つ日本人の素晴らしさを改めて感じていきたい
[PR]
by gokokutekkentai | 2012-04-09 00:12
  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
天長節奉祝日乃丸大行進の御案内
at 2014-12-05 21:55
明治節參加
at 2014-11-09 09:57
眞實の歴史
at 2014-11-09 09:46
本日は地久節
at 2014-10-20 19:59
靖國神社秋季例大祭參加
at 2014-10-20 19:33
画像一覧
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン