<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
先覺烈士墓前參拜
本日は、皇都臺東區上野にある先覺烈士の墓前にて參拜をしてきた。なぜに先覺烈士の墓前に行つたかと云ふと、當隊の初代隊長であつて、菊水國防連合の相談役であられた安土先輩の命日が今月だからである。愚生がこの道に入るきつかけの人であり、大變お世話になつた先輩であつた。安土先輩の實家は北海道小樽市のためなかゝゝ北海道には行けず、上野にある先覺烈士の碑に名前が刻まれてゐるため成美兄と共に墓前參拜をしに行つたのだ

b0241807_20184852.jpg

↑↑↑
荻島峰五郎先生と門下生のお墓

b0241807_2019812.jpg


b0241807_20192770.jpg


b0241807_20274721.jpg


b0241807_20201283.jpg


ここには安土先輩の名前だけではなくさうさうたる先生方の名前が刻まれてゐる。大塚先生や小早川先生、小早川總裁、三田會長の名前も刻まれてゐる。
[PR]
by gokokutekkentai | 2013-06-30 20:28
神奈川護國神社再創建を願ふ
昨日集合地の三ツ澤公園でふと思つたのだが神奈川縣には護國神社がないのである。集合地の三ツ澤公園には昭和十四年に大規模な護國神社用の用地として確保され、昭和十七年の秋には神社は竣工され、昭和十八年十一月には上棟祭も行はれたのだがしかし、神社の拜殿、本殿などが完成する直前の昭和廿年五月廿九日に横濱を襲つた大空襲によつて、完成を見ずに燒失してしまつた。神奈川縣の護國神社再創建は、建物が未完成だつたことと、遺族會や神社を奉賛する組織なども出來てゐて居つたので、戰後に新しい神社として、再出發することが絶たれてしまつたと云ふ經過がある。神奈川は近い東京に靖國神社があるから護國神社は不要なのか そんな問題ではない。激戰地沖繩縣にも左翼が多いと云はれてゐる廣島縣にも護國神社は存在してゐる。どこの縣でも英靈顯彰してゐるのだ。そして昨日は都議會選舉が行はれ自民黨が壓勝した。來月には參議院選舉も行はれる。神奈川縣から出馬する候補者の中には神奈川護國神社再創建を公約に掲げてゐる候補者がゐるのか。所詮奴らは我欲の實現のために議員にならうと思ひ、眞に日本のために働く議員にならうとする氣はないのだ。だから四割ぐらゐの有権者しか投票しないのだ。なんか愚痴つぽくなつてしまつたが、神奈川護國神社再創建を公約とする候補者が現れることを懇願するばかりである。

b0241807_2145316.jpg


b0241807_2146753.jpg


b0241807_21463626.jpg


b0241807_2147836.jpg

↑↑↑
ピースメツセンジヤー都市と横文字で書かれてゐる。情けない・・・

b0241807_21555090.gif

↑↑↑
皇憂楠心塾  一言居士樣の日乗より拜借しました。
[PR]
by gokokutekkentai | 2013-06-24 21:54
「明日の日本の領土を考へる」啓蒙運動
沖繩縣では沖繩戰が終了したとされる六月廿三日を「慰靈の日」としてゐる。沖繩では本日六月廿三日に沖繩戰戰沒者綜合慰靈祭が執り行はれた。沖繩にある護國神社では他の護國神社の祭神は軍人と軍務關係者にほぼ限られる。だが沖繩縣護國神社では、奉齋される十八萬柱近くの御靈のうちの十一萬餘柱が、郷土出身の軍人軍屬と戰爭の犠牲となつた一般の住民や婦女子である。なかには戰鬪に卷き込まれて遭難した兒童なども含まれる。そして現在では沖繩のいたるところに米軍基地が存在してゐる。今年自民黨政權は主權恢復記念日なる集會を執り行つた。しかも天皇皇后兩陛下の御臨席を賜つたのだ。しかしながら先帝陛下、今上陛下の沖繩に對する御氣持ちを察すると何とも言へない氣持ちになる。またシナ中共は沖繩もシナの領土だと妄言してゐる。これを踏まえてではないが當隊が加盟してゐる神奈川縣維新協議會では本日「明日の日本の領土を考へる」と云ふ題目で啓蒙運動が執り行はれた。三ツ澤公園集合だつたのだがここ三ツ澤公園には神奈川護國神社が創建する筈だつたのだが未だに創建されてはゐない。

b0241807_21121067.jpg


b0241807_21123541.jpg


b0241807_21125391.jpg

[PR]
by gokokutekkentai | 2013-06-23 21:15
とある量販店で
先日買い物をしにとある家電量販店に行つてきた。ふとエスカレーターを降りると見慣れない文字が・・・

b0241807_2272056.jpg


(かしこく住まう)  ただそれだけです
[PR]
by gokokutekkentai | 2013-06-16 22:09
まだゝゝ不勉強なり
先週の日曜日は毎月恆例の義信塾主催の演説會にお邪魔した。高島屋の前ではなにやらイベントが行はれてをり、少し氣が散つてしまつたが、この前贖入した教科書などを使ひ、駄辯を披露させていただいた。

b0241807_2211351.jpg


b0241807_2214153.jpg


b0241807_2215456.jpg


來月は選舉がある爲演説會が行はれないが、まだゝゝ反省點ばかりである。しつかり勉強しなければと思つた演説會だつた。
[PR]
by gokokutekkentai | 2013-06-15 20:19
本日は皇太子殿下 雅子妃殿下御成婚廿周年

本日は、皇太子殿下、雅子妃殿下の御成婚廿周年である。マスコミは本日の佳き日を報道しない。なんて云ふ馬鹿な報道各局だらうか。しかしながら本日は吾人日本國民にとつては大變おめでたい日である。

皇太子同妃両殿下ご成婚20年に際しての両殿下のご感想

月日のたつのは早いもので,結婚してから20年たつのかと思うと,とても感慨深いものがあります。20年前の6月9日,結婚の儀を始めとする諸儀式や午後のパレードを,多くの方に祝福していただく中で無事に執り行うことができましたことを,深い感謝の内に懐かしく思い出します。

皇太子殿下のお言葉
この20年間を振り返れば,オリンピックやパラリンピックでの日本選手の活躍や日本人のノーベル賞受賞,ボランティア活動の拡大など,明るくうれしい出来事もいろいろとありましたが,同時に,我が国は,度々大きな自然災害に見舞われたほか,少子高齢化を始めとする幾多の社会的な変化を経験してきました。こうした中で,私たち二人は,阪神・淡路大震災や東日本大震災を始めとする様々な試練の中から,人々が共に支え合うことの大切さを深く感じるとともに,困難な状況に置かれている方々の悲しみや苦しみを思い,そのような方々の生活が少しでも良くなるようにと願ってまいりました。東日本大震災で被災された多くの方々が,今なお厳しい暮らしを続けておられます。一日も早く復興が進むことを心より願うとともに,東日本大震災を始めとする様々な災害による被災地の復興に永く心を寄せていきたいと思っております。

我が国は,東日本大震災の経験を通じ,国民が心を一つにすることの大切さを学びました。日本社会は,将来に向けて,子どもや高齢者を取り巻く環境,エネルギー・環境問題など多くの課題を抱えていますが,今後,女性,若者,高齢者,障害者の方々を含め,全ての人々が社会に積極的に参加できる仕組みを作り,国民全体が世代を超えて協力することによって,社会が直面する様々な課題を克服し,活力のある社会を構築していくことが期待されます。このような我が国の将来に向けての課題を念頭におきつつ,私たちは,今後とも国民の幸せを願い,夫婦で協力しながら務めを果たしていくことができればと願っております。

この20年間,私たちは夫婦として多くのことを一緒に経験し,互いに助け合ってまいりました。10年前に申し上げた通り,愛子が生まれてからは,愛情をもって子どもを育て,安らぎのある,温かく明るい家庭を築くことを心がけ,三人で日々を過ごしております。愛子は,今年の4月から早くも6年生になり,学校生活を楽しく送っていることをうれしく思いますし,これからも健やかに育っていってほしいと願っています。

雅子につきましては,療養が長くなり,ご心配をいただいていることと思いますが,お陰様で,以前と比べ大分元気になったように思います。この9年余りの間,雅子にとっては,体調が思うに任せず,困難な道のりでもありましたが,お医者様の治療を受けながら努力を重ね,少しずつではあっても,公私にわたってできる限りのことをしてまいりました。これからも,お医者様からご助言いただいているように,体調を調えながら,できることから少しずつ時間をかけて活動を広げていき,快復に向けての努力を続けていきたいと考えています。今後とも,長い目で温かく見守っていただければありがたく思います。

天皇皇后両陛下には,日頃より私たち三人を温かくお見守り,またお導きいただいておりますことに心より感謝申し上げております。また,多くの方にお助けいただいて,こうして結婚20年を迎えることができますことを大変ありがたく幸せに思います。国民の皆様より私たちに寄せていただいている温かいお気持ちに対して,この機会に改めて心からの感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。(宮内庁家頁より抜粋 原文のマヽ)

徳富蘇峰翁曰く「國民は皇室に依つて繋がるものであつて、いはば相持ちではあるが更に一歩を進んで考へて見れば、日本の如き、地理的、歴史的、人種的又凡有る地政學的の立場に在る國家として、皇室なければ到底此の長き歴史を、何等の斷層なく生々發展せしめ來ることは、できなかつたであらうと信ぜられるる」(蘇峯 徳富豬一郎 著 國史より觀たる皇室 神國思想より拔粹)

b0241807_2120112.jpg


b0241807_21203193.jpg


皇太子殿下や雅子妃殿下は今上陛下 皇后陛下の御氣持ちを確實に御繼になられてゐる。かの東日本大震災での御振舞や海外の要人への御挨拶等々其の發言や行動をみれば一目瞭然なのだ。
昨今マスゴミは雅子妃殿下の御病氣の御樣子をいい加減な記事で面白をかしく記事にしてゐる。どこぞの宗教團體も降靈なるものをして馬鹿な見解を流布してゐる。なんと愚かな行爲か・・・
吾人臣民は御平癒を只々お祈り申し上げることのみである。
[PR]
by gokokutekkentai | 2013-06-09 21:33
今になつて教科書贖入
以前皇國同志会の演説會に參加させていただいたときに、愛倭塾の山口會長が戰前の教科書を持つてきて演説をしたのを思ひだし、愚生も氣が附いた時には戰前の教科書がないか探してゐたのだつた。先日ふとネツトを見てゐたら賣りに出てゐたのですかさず贖入したのだつた。
このたび教科書が屆き早速讀んでみた。凡そ今の教科書とは全く違く、過去の偉人の話や當然皇室や日本の美しい風景のことが書かれてゐた。
一部内容は「國旗と軍旗」の章を拔粹してみたい。「純白の地は哠潔の性、眞紅の紋は至誠の情、白は平和沈靜を表し、赤は熱烈活動を示す。抑列國いづれも國旗の制なきはなく、國旗は即ち邦家の歴史、國民の理想を語る。白地日章の旗はわが國體の微章、國民精神の記號、飜譯としてその風に閃くを望めば、何ぞそれ鮮明にして純一に、端正にして雄大なる。墻を高くして獨り自ら守るものは、未だ國家の標號を要せず、廣く世界に交り、列國に對するに及びて、則ち國旗なかるべからず。古わが國にはその定めなかりき。幕末の世、繁く海外と交渉するや、安政元年七月、幕府令して日章旗を以て日本總船印として外船に紛れざらしめ、後數年、使節を北米合衆國に遣したる時、これを國旗として用ゐしめぬ。國旗の起源かくの如しと云へども、紋章の由つて來れる所は遼遠なり畏くも 皇祖の御名は大日要貴(おほいるめむち)また天照大神と申し奉り、歴代の 天皇は天つ日嗣にまします。大神一たび岩戸を閉ぢたまへば六合晦冥なりきと云ふは、天日と徳を等しくしたまひしなり。小野妹子の使して隋に行くや、敕書に曰く「日出所の天子書を日沒所の天子に致す」と。日本を以て名とする我が國が國旗の紋とすべきもの、日章を措いてはた何かあらん」。
少し前には日章旗を日教組は、國旗の白い部分は侵掠され殺された人の骨の色だと、國旗の赤の部分は侵掠され殺された人の血の色だと、まだ小さな子供たちに教へ、洗腦してゐたのだ。そしてこのやうな本は占領軍によつて徹底的に處分されたのだつた。しかし現代になつてもまだゝゝ贖入できるのだ。先人たちに感謝である。 以前に河原會長からいただいた神皇正統記が會社の人が興味がありどうしても欲しいと云ふことで手放してしまひこの際神皇正統記ももう一度贖入したのだ。

b0241807_20501934.jpg


b0241807_20512140.jpg


b0241807_20524498.jpg


b0241807_20531656.jpg


中學修身書はあの講道館柔道の祖と言はれる嘉納治五郎が書いてゐる。 今の柔道界のゴタヽヽを嘉納治五郎先生はどう思はれるだらうか。
[PR]
by gokokutekkentai | 2013-06-01 20:59
  
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
天長節奉祝日乃丸大行進の御案内
at 2014-12-05 21:55
明治節參加
at 2014-11-09 09:57
眞實の歴史
at 2014-11-09 09:46
本日は地久節
at 2014-10-20 19:59
靖國神社秋季例大祭參加
at 2014-10-20 19:33
画像一覧
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン