<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
御知らせ
演題・『尊皇と勤皇』
講師・ 河原博史氏

日時・平成廿五年十月廿日(日)五時半開場 六時開演

會場・新宿區立新宿文化センター四階
住所・東京都新宿區新宿六-十四-一
會費・千五百圓(飮み物附)
懇親會費・三千圓
恐縮ですが懇親會々場豫約の爲十月十日迄にファックスにて御聯絡を下さいますやうお願ひ申し上げます。

主催・むさしの倶樂部
住所・東京都新宿區歌舞伎町二-二-六-六〇一
ファックス・〇三-五二八五-四九一二
電話・〇八〇-一二五七-九六二七

協賛
盛道烈士會
亜細亜史観研究會
山縣大貳大人顯彰會
[PR]
by gokokutekkentai | 2013-10-04 21:23
史蹟見學 近藤勇墓所編
またゝゝ更新が遲れてしまつた。一般會社では上半期の決算らしく愚生の職場でも鬼のやうな忙しさであつた。まさに馬車馬竝にこき使はれてゐた。

旅行一日目の最後には新撰組局長だつた近藤勇が祭られてゐる墓所に參拜に行つてきた。近藤勇の墓所は何か所かあるのだがここのお寺は、、新撰組副局長だつた土方歳三が會津藩主の松平容保公に歎願し、土方歳三が遺髮などを持つてゐて會津戰の折、ここに假埋葬したと云ふ。四月廿五日の近藤勇の命日には、墓前祭りが開催されてゐる。このお寺天寧寺は応永廿八年、會津にきた傑堂禪師が十一代蘆名盛信の建立により創立した寺である。


b0241807_0592197.jpg
b0241807_059469.jpg

↑↑↑
左が近藤勇の墓 右が土方歳三の慰霊碑

b0241807_10668.jpg


近藤勇の辞世の句

原文は以下。孤軍援絶作囚俘 顧念君恩涙更流 一片丹衷能殉節 雎陽千古是吾儔 靡他今日復何言 取義捨生吾所尊 快受電光三尺劍 只將一死報君恩(孤軍たすけ絶えて俘囚となる。顧みて君恩を思へば涙更に流る。一片の丹衷よく節に殉ず。雎陽千古これ吾がともがしら。他になびき今日また何をか言はん。義を取り生を捨つるは吾が尊ぶ所。快く受けん電光三尺の劍。只まさに一死をもつて君恩に報いん)
[PR]
by gokokutekkentai | 2013-10-02 01:05
  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
天長節奉祝日乃丸大行進の御案内
at 2014-12-05 21:55
明治節參加
at 2014-11-09 09:57
眞實の歴史
at 2014-11-09 09:46
本日は地久節
at 2014-10-20 19:59
靖國神社秋季例大祭參加
at 2014-10-20 19:33
画像一覧
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン