<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
終戰の日の靖國神社參拜
昨日は終戰のみことのりを奉戴した日である。愚生は初めて終戰の日に靖國神社を參拜したのだ。毎年愚生はこの日前後に、實家に歸省しているために參拜できず、實家の神社にてラヂオを聞き、陛下のみことのりを奉戴していたのだが、今年は生業の兼ね合いでお盆休みをずらしたのだ。十一時に神維協の同志と待ち合わせし、その後參拜し、正午默祷を捧げ、陛下のみことのりを下坐して有り難く奉戴したのだつた。しかし今日のニュースなどを觀れば年々參拜者が増えているらしい。まことに結構だの論調があるのだが、しかし愚生はそうは思わない。確かに參拜者が増えるのは良いこととなのだろうが、全然中身が伴つていない例えば、正午のラヂオ中繼では安倍首相の挨拶には皆かしこく聞いていたのだが、陛下の詔の時には多くの參拜者はチヨロヽヽヽ動き囘り、中には飮み物を飮んでいたりしていたらしいのだ。愚生は下坐していたためその姿は見ていないのだが・・・あとに聞くに市村大兄がその状況に憤慨していたのだ。 參拜者は何か勘違いしてはいないか。靖國神社に祀られているのは皇軍兵士ぞ。天皇のために戰つた兵隊ぞ。今の首相の言葉より陛下の詔のほうがもつたいなく拜聽しているのだ。今を生きている我々が英靈顯彰するのならば、先ずは承詔必謹ぞ。首相の言葉に重きを持つなんて本末轉倒ではないか。などと思いつゝ終戰の日の靖國神社參拜であつた。

b0241807_18422836.jpg

[PR]
by gokokutekkentai | 2014-08-16 18:43
神奈川護國神社御創建を願ふ。
本日は久保山齋場、近くにある光明寺に行つてきた。なぜそこなのかと云ふと八月になると我々陣營は忙しくなる。八月六日には廣島原爆の投下、八月九日は長崎原爆投下、舊ソ連が不可侵條約を破り對日參戰、八月十五日には終戰のみことのりを奉戴、などがある。ここ久保山齋場には十二月廿三日に云はれなき汚名を覆はされ處刑された昭和殉難者がここで火葬に附せられ、その殘灰が埋葬されてゐる。

また光明寺には六十烈士の忠魂碑が建立されてゐる。
本來ならば護國神社にお祀りされ今の日本人が英靈顯彰しなければならないであらうに、殘念ながら神奈川には護國神社が創建されてゐない。全國でも神奈川だけである。沖繩にも、左翼が多い廣島にも護國神社は創建されてゐるのだ。北海道には三社創建されてゐる。一日も早く神奈川にも護國神社を創建しなければならない。我々がゐるのは英靈方々のおかげなのであるから。


b0241807_2210185.jpg
b0241807_2210543.jpg

久保山齋場

b0241807_2295240.jpg

光明寺
[PR]
by gokokutekkentai | 2014-08-03 22:11
鐵拳親父初めて神樂を鑑賞する。
なぜ本牧神社に參拜しに行つたと云ふと、里神樂が奉納されるからであつた。前から神樂や能、歌舞伎、相撲など傳統文化に觸れてみたいと思つてゐたが、なかゝゝ敷居が高さうで二の足を踏んでゐたが今囘思ひ切つて神樂鑑賞に至つたのだ。初めての里神樂鑑賞意味が分からないことばかりだつたが、休憩のときに意味を聞いたりして、充分に堪能したのだつた。また神樂を見に行きたくなつた。

土師流 里神樂 横越社中と云ふ團體が神樂を奉納してゐた。第一部と第二部に分け神樂が行はれてゐた。 

題名 山海幸易 ニニギの子、海幸彦・山幸彦は、それぞれの得物(釣竿と弓矢)を交換する。釣り針をなくした山幸は海幸に返せと云はれ龍宮に向かふ。龍神の助けを借り釣り針を取り戻した山幸は海幸を懲らしめ家來にする。と云ふ内容だ。

第一部
b0241807_21364896.jpg
b0241807_21363162.jpg


第二部
b0241807_21365747.jpg
b0241807_21371879.jpg

[PR]
by gokokutekkentai | 2014-08-03 21:38
さうだ神社に行かう 本牧神社編
横濱市中區に鎭坐してゐる本牧神社に參拜してきた。

御祭神 大日靈女貴(おおひるめむちのみこと)

この日は本牧神社の夏の例大祭が執り行はれた。

ハマの奇祭として名高い本牧神社の「お馬流し」神事は、永禄九年(1566年)から四百年以上も受け継がれており、現在、神奈川県無形民俗文化財、及び神奈川県民俗芸能五十選に指定されている。お馬とは茅(カヤ)で作った馬首亀体で、頭部からの羽や、長い尾を含めると体長約一メートル。馬首には白幣、口には稲穂をくわえ、亀体の中央には大豆と小麦をふかして、黄名粉をまぶしたお供えと、神酒を白素焼き皿に容れて神饌とする。
 お馬は六体奉製される。旧本牧六ヶ村の間門、牛込、原、宮原、箕輪、台より各一体で、作るのは古来、羽鳥家の当主と決まっており、ご当主自身が斎戒沐浴して約一週間かかって作り上げ、使用する茅も神社境内にて神職が修祓の上育成した「お馬の茅場」から採取される。このお馬にあらゆる厄災を託して本牧の沖合い約五キロの海上に流し去る。一旦放流したお馬が陸地へ還着することを極度に恐れるため、潮の干満を大切にする。このため祭日は旧六月十五日大潮の日に決まっていたが、明治に太陽暦が採用されてからは八月第一か第二日曜日で、毎年一定しない。(本牧神社 家皇より抜粋 原文のマヽ)

b0241807_2121869.jpg
b0241807_21204631.jpg

[PR]
by gokokutekkentai | 2014-08-03 21:22
  
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
天長節奉祝日乃丸大行進の御案内
at 2014-12-05 21:55
明治節參加
at 2014-11-09 09:57
眞實の歴史
at 2014-11-09 09:46
本日は地久節
at 2014-10-20 19:59
靖國神社秋季例大祭參加
at 2014-10-20 19:33
画像一覧
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン