あれから三年
本日は東日本大震災から丸三年もの月日が經つた。愚生の職場では朝禮で默たうしたのだがどうも納得いかず、愚生は地震發生時刻に合はせ、仕事を拔け出し、ラヂオにて默たうをささげ、陛下のみことのりを謹んで奉戴したのだつた。 今でも陛下をはじめとする皇室の方々は被災地、被災者に思ひを寄せてくださつてゐる。何と有難いことなのだらう。


天皇陛下のみことのり

本日,東日本大震災から3周年を迎え,ここに一同と共に,震災によって失われた人々とその遺族に対し,改めて深く哀悼の意を表します。

3年前の今日,東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波は,2万人を超す死者,行方不明者を生じました。今なお多くの被災者が,被災地で,また,避難先で,困難な暮らしを続けています。さらにこの震災により,原子力発電所の事故が発生し,放射能汚染地域の立入りが制限されているため,多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされています。いまだに自らの家に帰還する見通しが立っていない人々が多いことを思うと心が痛みます。

この3年間,被災地においては,人々が厳しい状況の中,お互いの絆きずなを大切にしつつ,幾多の困難を乗り越え,復興に向けて懸命に努力を続けてきました。また,国内外の人々がこうした努力を支援するため,引き続き様々な形で尽力していることを心強く思っています。

被災した人々の上には,今も様々な苦労があることと察しています。この人々の健康が守られ,どうか希望を失うことなくこれからを過ごしていかれるよう,長きにわたって国民皆が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います。そして,この大震災の記憶を決して忘れることなく子孫に伝え,防災に対する心掛けを育み,安全な国土を築くことを目指して進んでいくことを期待しています。

被災地に1日も早く安らかな日々の戻ることを一同と共に願い,御霊みたまへの追悼の言葉といたします。
(宮内廳 家貢より抜粋 原文のマヽ)

富蘇峰翁曰く「我が帝國の生々不息、生々繁昌の國運を豫言したるものだ。而して三千年の歴史は、時に隆替あるも、それは只だ或る期間の出來事にして、之を總括的に觀察すれば、一日千人死すれば、一日千五百人生るゝの原則は、依然として實行せられつゝある。日本は終古不死であるばかりでなく、終古不死であるばかりでなく、終古不老である。即ち不老不死の國とは、日本帝國の事だ 」國民小訓より拔粹
[PR]
# by gokokutekkentai | 2014-03-11 22:09
三月度 横濱演説會に參加
日曜日に義信塾主催の横濱演説會にお邪魔させていただいた。各辯士とも昨今の時局を中心に、そして十一日の東日本大震災に就いて熱辯をふるつてゐた。

b0241807_2152457.jpg


b0241807_2153128.jpg
b0241807_21532561.jpg
b0241807_21534352.jpg
b0241807_2154027.jpg

[PR]
# by gokokutekkentai | 2014-03-11 21:56
零泊二日の彈丸ツアー 伊勢神宮參拜編
今月一日、二日にかけて伊勢神宮を參拜してきた。本當は御遷宮附近に參拜に行きたかつたのだが、愚生をはじめ皆生業を持つてゐるために、零泊二日の彈丸ツアーだ。
午後九時半に集合し、十時出發、道中も澁滯にはまることなく無事に午前六時に二見興玉神社に到着、伊勢神宮に參拜する際は、その前に二見浦で禊を行ふのが慣はしだつたのだが二見浦での禊は出來ない爲 二見興玉神社にて參拜し、伊勢神宮に向かつたのだ。あいにくの天氣だつたが、海に浮かぶ夫婦岩を拜觀し、その後は外宮を參拜し、そして内宮參拜、内宮にて昇殿參拜をし、その後晝食をはさみ猿田彦神社參拜、月讀宮を參拜し、歸路に着いたのだ。外宮、内宮とも參拜客が多くとても賑はつてゐた。内宮にての昇殿參拜は國運隆昌、皇室彌榮、今上陛下をはじめ皇室の方々の御長壽と御健康を念じ、昇殿參拜をした。昇殿參拜は倭舞、人長舞が神樂殿にて奉され心が洗はれる思ひ、余韻に浸つてしまった。

b0241807_2213653.jpg

b0241807_224285.jpg

b0241807_2254872.jpg


b0241807_22623.jpg
b0241807_2261372.jpg

b0241807_2273874.jpg

↑↑↑
冩眞撮影のために集合冩眞には冩つてゐませんが當隊の成美氏も同行してゐます。
[PR]
# by gokokutekkentai | 2014-03-05 22:16
紀元節奉祝演説會
本日は紀元節である。まことにおめでたい佳き日である。當隊が加盟してゐる神奈川縣維新協議會では毎年大磯から藤澤までの奉祝街宣を執り行つてゐるのだが、昨日降つた雪の影響もあり今年は、奉祝紀元節、政府主催の建國記念の日式典開催要求と題し横濱驛西口での街頭演説會が執り行はれた。各辯士たちが本日の意義を話し、愚生は今の學生がどのくらゐ國の始まりを知つてゐるのか。例へばある六大學の學生達に尋ねたところ殆どの學生達がわからず、中には日本を建國したのはマツカーサと答へる學生達が多々いたと云ふこと、戰後七十年もたつと云ふのにこのまゝでは本當に「ゆでガエル症候群」になつてしまふなどの駄辯を披露させていただいた。
神武天皇が高千穂に宮にて皇兄五瀬ノ命と議り給うた時「何れの所にまさばか、天の下の政をば平けく聞しめさむ」と仰せられたのは、國を念ひ、民を慈しみ給ふ大御心の現れであり、而してこれは歴代の天皇の御精神でもあらせられる。天皇が御即位に際して、我(あれ)東に征きしより茲(ここ)に六年(むとせ)になりぬ。皇神(あまつかみ)の威(いきおい)を頼(かがふ)りて、凶徒(あたども)就戮(ころ)されぬ。辺土(ほとりのくに)未だ清(しずま)らず。余(のこりの)妖(わざわい)尚梗(なおこわ)しといへども、中州之地(なかつくに)また風塵(さわぎ)なし。誠によろしく皇都(みやこ)を恢廓(ひらきひろ)め、大壮(みあらか)を規(はかり)つくるべし。而(しか)して今、運屯蒙(ときわかくくらき)にあひ、民(おおみたから)の心(こころ)朴素(すなお)なり。巣にすみ穴にすむ習俗(しわざ)、これ常となれり。それ大人(ひじり)の制(のり)を立つ。義(ことわり)かならず時に随ふ。苟(いやし)くも民に利(かが)有らば、何ぞ聖(ひじり)の造(わざ)に妨(たが)はむ。また当(まさ)に山林を披(ひら)き沸(はら)ひ、宮室(おおみや)を経営(おさめつく)りて、恭(つつし)みて寶位(たかみくら)に臨み、以て元元(おおみたから)を鎮むべし。上(かみ)はすなはち乾霊(あまつかみ)の国を授けたまひし徳(みうつくしび)に答へ、下(しも)はすなはち皇孫(すめみま)正(ただしき)を養ひたまひし心(みこころ)を弘(ひろ)めむ。然して後に六合(くにのうち)をかねて以て都を開き、八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)と為(せ)むこと、また可(よ)からずや。 と仰せられた詔は、まことに緺を拂ひ、道を布き彌ゝ廣く開けゆく我国の輝かしい發展の道を示し給うたものである。而してこれ實に歴代天皇がいや繼ぎ繼ぎに繼ぎ給ふ宏謨である」(國體の本義精講 より第一大日本國體より抜粋)

b0241807_206233.jpg
b0241807_2061530.jpg
b0241807_206286.jpg
b0241807_2063881.jpg
b0241807_2064726.jpg
b0241807_2065751.jpg
b0241807_207669.jpg
b0241807_2071367.jpg

[PR]
# by gokokutekkentai | 2014-02-11 20:08
大日本朱光会 水野先生の喜壽を祝ふ會に參加
昨日は大日本朱光会 水野先生の喜壽を祝ふ會に參加してきた。たくさんの諸先生 諸先輩の方々が參集してをり既に會場は熱氣を帶びてゐた。

途中水野先生が會津磐梯山の歌を披露され愚生も久しぶりに歌を聽きとても和やかな氣持ちになつた。

b0241807_17422838.jpg
b0241807_17424679.jpg
b0241807_1743633.jpg

[PR]
# by gokokutekkentai | 2014-02-02 17:45
  
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
未分類
最新の記事
天長節奉祝日乃丸大行進の御案内
at 2014-12-05 21:55
明治節參加
at 2014-11-09 09:57
眞實の歴史
at 2014-11-09 09:46
本日は地久節
at 2014-10-20 19:59
靖國神社秋季例大祭參加
at 2014-10-20 19:33
画像一覧
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン